忍者ブログ

   
さよなら、ファンタジア。
こんにちは。
企画広報班2回生アカイトヲコです。
先日、ファンタジアの幕が閉じました。   
ご来場いただいた皆様、応援してくださった皆様のおかげで無事、5ステージを終えることが出来ました。
どんな物語も終わりが来て、どんな舞台も幕がおります。
当たり前のことなのに、今回の物語が雪野りほが書き下ろした作品で、私たちの『ファンタジア』以外にふたつはない物語だということがその当たり前を素敵なものにしてくれました。
1ステの幕が開くということは、世界で初めてファンタジアへの扉をみんなの手で開けるということ。
5ステの幕が閉じるということは、私たちの手でファンタジアへの扉をもしかしたら永遠に閉じることになる、ということ。
劇中のセリフで、
『時計は逆には回らないだろう。みんな同じだ。永遠なんて、本当は誰のところにもないんだよ』
というカナエのセリフがあります。
 
舞台はお客様が劇場に入って、そこで一瞬一瞬を共有しながら作られる物語です。 形の残らないものだからこそ、愛おしく思えるのかもしれません。
もう二度と行けないファンタジアですが、皆さんの記憶で生き続けてくれるなら、こんなに嬉しいことはありません。
ファンタジアへの扉を閉めて、私達はまた新しい物語を始めようとしています。
4月、また皆様にお会いできることを楽しみにしています。
ご来場ありがとうございました。
アカイトヲコ☀
PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
プロフィール
HN:
劇団月光斜
性別:
非公開
P R
Copyright ©  -- 劇団月光斜稽古場日誌 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]