忍者ブログ

   
こんにちは、バース・ギルド役をさせて頂いた制作部2回生の真砂金之助です!
 数日前、遂に自分たちが作り上げてきた『 はこしき』の舞台が終演しました。今まで劇団の中心になっていた3回生の先輩方が引退ということで、今公演は1・2回生が中心となって壮大なSFの世界観を作り上げました。前回公演『 落涙サーカス』は約30名の劇団員で製作したのに対し、今公演『 はこしき』はなんと14名の公演参加者で隅から隅まで作り上げました。舞台上で戦車が作り出す構想を聞いた時、全身に鳥肌が経つ感覚は今でも忘れられません。
 
 そんな1・2回生だけで作り上げた『 はこしき』の舞台ですが、当然完成するまでに多くの問題や壁が存在しました。自分としても、脚本と向かい合う上で多くのことに悩みました。
 自分の今まで経験した役は、ペア役のいない1人で成立する役が多かったので、役として登場人物と会話する難しさ・壁を大きく感じました。今までは、         
 「失敗したら自分のせい、後から自分が今のミスを取り返せるはずだ。」
 と考えていました。しかし、
『今の役は主人公であり、1つのミスはステージの完成度にそのまま直結してしまう。』
 とばかり考えてしまったことにより、稽古や本番で起こってしまったミスを引きずる事が多くなってしまいした。
 もちろん、ミスをしない状況・環境作りは大切だと思います。しかし、ミスを恐れる・引きずる思考・行為は、短所を目立たせ長所を隠してしまっていたのだと思います。
 
実際、ステージの中で本当に満足の行く演技を見せることが出来たのは、5st(ステージの略)目だけだったと思っています。そのステージまでは何度もミスがあり、その雰囲気が続き、テンポが悪くなるといった負の循環があったと思っています。
 
 ここからは少し汚い話になります。
 4st目が終わり、5st目が始まるまで楽屋で準備をしていた自分は、強い胸焼けの様なものを感じました。緊張・疲労等もあり、1度吐いてしまえば楽になると考え、トイレに向かいました。何度も何度も嗚咽を繰り返し、しばらくの時間が経ちました。
 しかし、僕の胃からは何も出ていませんでした。
どうしてあんなに苦しかったのに何も出てこなかったのか?少し考えた後、答えはすぐに出ました。答えは簡単でした。「重く捉えすぎ」だったのだと。稽古や本番でのミスを重く捉え、責任感を過剰に感じるあまり、悪い意味で緊張していたのでした。それを感じ取った僕は思わず笑ってしまいました。
 「自分はこんなに緊張しやすいタイプだったのか。」と考えると、一周回って面白くなってしまったのです。肩の力を抜き、ありのままの自分で舞台に行こう。失敗した時は頼れる舞台上の仲間たちを頼れば良いじゃないか。とようやく前向きに考えることが出来ました。
 そこからの5st目はあっという間に終わりました。日頃では無かったようなミスも多く、自分もオープニングから今まで無かったようなミスがありました。しかし、度々起こるミスが全て霧散していくような程、5st目はテンポ・空気感が快調で、演技に心の底から集中出来たように思います。
 物語終盤からは、世界観にスッキリするほど号泣してしまいました。元々泣き虫とはいえ、あれほどスムーズ・純粋に出てくる涙は初めてでした。
 その上で、カーテンコール時の達成感・『はこしき』を作り上げた仲間たちへの感謝を考えた時の心の内から溢れ出る涙は、それまでの失敗があった分熱く流れていきました。
僕にとって今公演『はこしき』は自分を今まで以上に成長させてくれる物となりました。
 自分が如何に不器用で、人に頼らなければならないのか。
 自分が如何に責任感を重く捉え、背負おうとしていたのか。
 自分が如何に人を信じようとするまでに時間が掛かっていたのか。
 
そして、
 周りがどれだけ舞台上の役者の為に動いてくれているのか。
 周りがどれほど頼れる仲間に囲まれていたのか。
 周りの仲間を頼る事で、どれだけ実力以上の力を出すことが出来るのか。
 
こんな当たり前なことではありますが、知ることが出来ました。
今公演を終えて、自分は上記に加えてあることを感じました。
それは、実力不足です。言葉にするのは簡単ですが、この感情を伝えるのはこの言葉が1番似合っていると思います。
5st目まで実力を十分に発揮する事が出来なかったことに関しては、今でも残念です。その為、自分は今以上に実力を付けるために様々な舞台を見て再出発したいと思いました。
その期間はどれだけ長くなるかは正直予想も付かないですし、何なら来週には終わっているかもしれません。しかし、
「今の自分のままではダメだ。もっと成長することが出来る。」
とどうしても感じてしまいます。
その為、自分が満足出来る姿になれるよう、次に小ホールの舞台で経つ時には、今より成長した姿を見せたいと考えています。
次の舞台では、今よりも心身共に成長し、大きくなって帰って来ようと思います!
改めて.......
劇団月光斜2019年度プロデュース公演『はこしき』
に御来場頂き、誠にありがとうございました!
真砂金之助でした!
PR
  こんにちは!秋谷紅葉です!
  今公演で参加数は四度目になります。実は1回生の中では最多なんですね〜、まぁ全参加なので笑
  さて、今回はわたくし、音響効果チーフと共に役者もやっております。いや〜このキャラクターたちがですね、なかなかの曲者揃いでして。役作りやら解釈やらに散々苦労しました……
この作業はとても難しいですが役者の醍醐味でもありますのでね、今後もまた楽しんでいけたらなぁと思います。。。
  最近の悩みは役者をすると専属をやりたくなり、専属をやっていると役者をやりたくなるっていうことです( ・᷄ὢ・᷅ )全参加がどこまで続くのだろうか……?
写真は某漫画の真似をする殺陣班二人です(笑)



こんにちは!一回生の天竜川鎮です。
この人新入団員?と思う方がいるかもしれないのでここで説明しておくと、前回公演まで『鴨川弥』という名で活動していた男です。この度、めでたく『鴨川』から進化しまして『天竜川』になりました!!
天竜川というのは、長野県から始まって私の地元である静岡県を通って太平洋へと流れる川です。
日本では一級河川に登録されており、流路延長は日本第9位の213kmで、流域面積は日本第12位です。
天竜川は鴨川に比べてなんと約7倍の大きさを誇ります。
話がだいぶ逸れた気がしますが、芸名を変えた理由は、今公演で私は進化したと思っているからです。
今公演では、初めてチーフを任されて、殺陣の振りを作り、劇中に登場する剣を作りました。
初めてづくしの今公演ですが、なんとか走りきることができそうです。
本当に面白い作品になっていて、月光斜の舞台だからこそ映える殺陣を作ったのでぜひご来場ください!!

写真はいつかの殺陣練習。各々が好きな動きをしています!
はい、愛川夏月です。
前回公演『落涙サーカス』にご来場いただきありがとうございます。
今回、前回に引き続き音響オペレーターを担うことになりました。前回よりも余裕が出てきて、より音響機材のことも分かってきてワクワクする日々です!
さて本公演『はこしき』は2019年度の公演ですが、月光斜は1・2回生の新体制になって初の公演です。そして2020年に年も変わったという訳で目標を設定しました。
「今年中に東風東より上手いオペ技術を身につける」です。
いや~〜〜〜〜〜〜〜自分でもでけぇハードルだと思っております。
東風兄さんの引退時と自分の引退時でオペ技術を比較したら超えてる可能性はそれなりに高いかもしれません。でも違うんです。いま近くにいるうちに、オペ技術が超えた姿を見てほしいんです。だから〝今年中〟という目標を立てました。
「ライバルは先輩だと思え。」
かつて卒業された4回生のA2さんからこんな言葉をいただきました。この言葉は僕が今後役者をする上でいただいた言葉だったのですが、オペレーターでも、専属でも当てはまるのではないかと思います。
でけぇハードルを立てないと、月光斜という団体は育っていかないでしょう。僕にもいつか「先輩を超えてやる!」という後輩が出来たらいいなーなんて思います笑
そのためには、まず僕自身もでかい壁にならないといけないので本公演全力で、ノーオペミスを目指して頑張ります!!!
あっ、そういえば本公演には殺陣シーンもございます。
改めまして
音響オペレーター兼殺陣オペレーターの愛川夏月をよろしくお願いします。
写真はインスタのストーリーのスクショです笑
こんにちは!制作部1回生の鈴蘭です!

今公演、『はこしき』では役者をやらせてもらってます。この公演はなんと14人で作ってるんですよ…!少ないですね、驚きですね、、、
いつもの公演だと30~40人程ですが今回はプロデュース公演ということもあり少ないんですよね。
あと何より前回公演で3回生が引退したことにより初めての1、2回生による舞台となります
そう、今回の舞台はまさに”新しい月光斜”なんですよね( * ॑꒳ ॑*  )♪
それに合わせて今回の作品『はこしき』はいつもの月光斜の舞台とは一味違うものとなってます!
SFファンタジーの世界観に遊び心満点の舞台効果…

etc.   もう観るしかないですね笑
  
プロフィール
HN:
劇団月光斜
性別:
非公開
P R
Copyright ©  -- 劇団月光斜稽古場日誌 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]