忍者ブログ

空雲の白雪姫

劇団月光斜2016年度卒業公演「空雲の白雪姫」は無事に終演致しました。

思い返せばこの公演のキッカケは3年前、僕が一回生だった頃の2月です。団体の脚本選考会で自分の脚本が落ちて2014年度プロデュース公演「Alice」の公演が決定した頃、悔しくて「だったら俺も童話ベースで話を書いてやるよ」と意気込んで二回生の冬に脚本を書き上げるも、またまた不採用に終わりました。世界観がわかりづらいと言われました。

その後も別の話を書いたりしていましたが、本当にひょんな事からもう一度この脚本で公演を打とうという事になり、現在に至るという訳です。詰まる所、大学時代の大半をこの作品に捧げているという訳です。

公演が決定してからも波乱の連続でした。只でさえ分かりにくい世界観をどう分かりやすくするのかの脚本改稿から始まり、舞台どうする?照明どうする?音も、衣装も?どうやって宣伝をするのか?様々な事を議論しました。

そう思うと本公演は誰か一人欠けても成り立ち得ない公演だったと思います。みんなのアイデア一つ一つが組み合わさって、このような作品を届けることが出来たのだと思います。

皆さんは本作品を見て何を思ったでしょうか?正直、こういうメッセージを伝えたい、という事をあまり統一させず、キャラクター一人一人にメッセージを持たせたので、何が伝わったのか分からないところがあります。それでも、何か一つでも思う所を持って頂ければ、これ以上に幸いな事はありません。

本公演をもちまして私も劇団月光斜を卒団となります。今迄本当にありがとうございました。
PR

紫杯

こんにちは。にかいせいの葛西木槿です。『空雲の白雪姫』無事終演致しました。来てくださった方々、ありがとうございました。今公演をもちまして葛西木槿は劇団月光斜での活動を休止致します。どうやら月光斜は僕の速度に追い付けなかったようだからです。何にせよ、先輩、同期、後輩、お客様、お世話になりました。月光斜という摩擦は、必要な摩擦の一つでした。摩擦を越え僕は速度を上げます。次の摩擦とたたかうために速度を上げます。人間は速さだけで生きているとは言えないでしょう。速さに抗う強烈な摩擦とそこで削れた車輪、線路から張り付いた鉄と火花が意味と刺激。


かもしれない。


たぶん。









別に考えて書いてるわけではないです。てきとう公演日誌。

そもそも僕は全部嘘“かもしれない”と考えて生きている。ていうか多分嘘だろう。おおきく意味を持つものはおおきく影を落とす。


演劇はその影に肩まで浸かってやるものだとおもう。残っているのは頭だけ。楽しいですね。そして何より空っぽですね。どんな演劇も、行き着くは空虚にみえる。空虚を見つめる演劇は空虚だ。空虚さを笑うような楽しい演劇も、結局空虚だ。残るものがなにもない人生を、かたどっているのだからそれは空虚だ。これは見方の問題で、たのしくみたらたのしいんです。どうぞ。

でも僕は、結局空虚よりも初めから空虚のほうが良い。形のない黒を知ってやっているほうが良い。暗闇は、人間の感覚を人間のなかに留めない。無限の感覚。それを知ってか知らずかその違い。


と、いまのぼくの浅はかな考えでおもうから



でも楽しかった月光斜
だから言葉を残すだけ。


あとみっか!!!



おひさしぶりですね!!!!!!!
制作部の三木です!

本日は.....仕込み初日でございました!!!!!!o(`ω´ )o☆
残り3日に本番が迫った卒業公演、かたちになってきた手応えと、まだまだこうしようああしようと試行錯誤の絶えない日々を送っております。

さて公演日誌では毎度自分の気概などを綴っておりましたが、ぜひこんなところにも注目してみると面白いかも...??というところを一部ご紹介します!!

☆受付装飾
学生会館小ホールの入り口には宣伝美術部による装飾がほどこされています!!どんなデザインかは秘密ですが、1stの時点で完成ではなく最後のステージまでどんどん変化していくのもおもしろい所ですね!!ぜひ少し早めにお越しいただき注目していただければ(*^_^*)

☆舞台美術
紹介しますといいつつもネタバレが怖いですね笑 舞台美術はやはりこの世界観をお客様に最もダイレクトにお伝えできるというのが魅力です!その世界観と共に細かなギミックもありますのでどうなってるんだ...??とのぞいてみてください☆

☆衣装小道具
本編が始まって役者たちがでてくるわけですが、彼らの衣装は手作りです!衣装班8人がヒーヒー言いながらも、それぞれのキャラクターの魅力を表現してくれています!!○○の衣装が好き!だとかお気に入りの衣装が見つかるのでは...??

こう紹介しましたのはあくまで"一部"ですので!!!笑 役者も音響照明も、そして私も担当しております受付も、それぞれが工夫を凝らして臨む所存です。
ぜひぜひ色んなところに視線を向けてみてください!!

はてさて今公演はどんなおわりを迎えるのでしょう...?ぜひ皆様もご一緒にその"おわり"を目撃しにいらしてください!!!!!!

本番まであと↓↓↓↓↓

ちょきちょきぬいぬい


おはようございます!
こんにちは!
こんばんは!
そしてお久しぶりです!
3回生の杜川眠子です!

いつもは制作部に所属しているのですが、今回は衣装小道具班として参加しています!
初の衣装作りに学ぶことが多く、充実した毎日を送っております( `ω´ )!


本日は、本番用の衣装を着てメイクもして通し稽古をする日でした。
自分が作った衣装を着て通しに望む役者さんを見て、なんとなく親のような気持ちになりました。笑
今回スタッフ専属として参加していますが、自分もこのお芝居を構成する一部のような、全員でひとつのものをつくっているような。

言葉にしがたい、なんとも言えない気持ちです。笑


来週からはいよいよ仕込み!
この1ヵ月半で作り上げてきたものをお見せする時が来ました!

10/27~29はぜひ学生会館小ホールへ!
お待ちしております!!
ミシンと奮闘しながら作った衣装を見てください〜〜〜!!!笑

ありがとうPC


こんにちは!
情報宣伝部チーフ、4回生のえみりーです!

およそ1年振りに月光斜に戻ってきたかと思えば、あと1週間と少しで卒団です!
時の流れは早いですね(´Д`)

公演日誌を久しぶりに書くため、自分が入団して初めて参加した公演、2013年度夏公演『ジャンヌ・ダルク』の公演日誌を一通り読んでみました。(先輩たちにとても会いたくなりました…)
その公演では自分はなんと4回も公演日誌を書いていましたが、今公演はこれが最初で最後の公演日誌になりそうです。

『ジャンヌ・ダルク』で自分が最初に書いた公演日誌を見つけて、少し泣きそうになりました。
思えばあの時から、私はたくさんのものを月光斜のみんなと乗り越えてきました。
その公演日誌に写真を撮って載せていた相棒のPCも、4年間ここまで一緒に頑張ってきてくれました。
色々な想いは、経験の分だけたくさん抱えています。

残された時間は多くはありませんが、自分を信じて本番まで突き進みます!

写真は、季節を感じる同期達です( *・ω・)ノ


プロフィール

HN:
劇団月光斜
性別:
非公開

P R