忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

黒いハンカチーフ拾った、その後に

新年あけましておめでとうございます。
冬公演の演出でした、あおのゆきです。
12月23日をもちまして、劇団月光斜2017年度冬公演『黒いハンカチーフ』が終演いたしました。
年末の忙しい時期だったにも関わらず、沢山の皆様にご来場いただき
無事幕を降ろさせていただけたこと、心より嬉しく思っております。
本当にありがとうございました!
総括その他諸々の引き継ぎなどを終えて、ようやっと一息ついていたらあっという間に年を越してしまいました……
さてさて。
3回生はこれにて引退でした。
引退公演という意識も、引退したという実感もあまりないままだったのですが。
そういった思い入れというより、ただ1公演と向き合った。そんな感想です。
前回の卒業公演が中止になった後、公演を打つ意味や演劇をやる意味、「面白い作品」について延々と考えました。悩みました。
たぶん、私だけじゃなくて周りのメンバーもそうだったんじゃないでしょうか。
結論は出ないままです。でも、
お客様に「楽しかった、面白かった」と思っていただける。自分たちもやってよかったと少しでも思える。
それだけでも充分なんじゃないかと思います。
舞台上に広がる世界は非日常で、虚構の世界です。
それなら、せめてその短い時間だけでも楽しめたら。
そう、思います。
今回のお話の中心は「騙し合い」でした。
企画広報も、舞台効果も、もちろん役者も、
全てはお客様に「騙されて」いただく為に。(勿論、物語上の良い意味で、です!)
素敵な、でもとても難しい脚本でした。
今の月光斜が持つ良さとどう組み合わせるか。
参加者が誰一人欠けても成り立ちませんでした。
一人一人のアイデアが形になり、皆さまにご覧いただいたものになりました。
平成に生まれて平成を生きる私たちがどう昭和を扱うのか、とか。
具象の舞台をどう活かして、大量の小道具をどうしようか、とか。
余談ですが、小道具の「ルノワールの散歩(贋作)」は一回生が油絵でしっかり描いてくれました。カラー印刷じゃないですよ!笑
ホテルシーンでの野球の実況中継は、銭田役の淡海優の声を録音したものです。必要な台詞の後も適当に喋り続けてて欲しいんだけど……という私の無茶振りにも関わらず、しっかりそのまま中継を続けてくれました。
細かいこだわりを挙げ始めるときりがないですね。
色々な感想があると思います。
お客様からも、一緒に駆け抜けたメンバーからも。
一言にただ良かったと、まとめる事は難しいです。
その上でも、少しでも楽しかった、面白かった、騙されたと思っていただけたのなら、これ以上に嬉しいことはありません。
これからも劇団月光斜は続いていきます!
どうぞ今後もよろしくお願いします。
それでは、またお会いできることを祈って。
ありがとうございました!
あおのゆき
PR

 

プロフィール

HN:
劇団月光斜
性別:
非公開

P R