忍者ブログ

   
カテゴリー「落涙サーカス」の記事一覧
どうもぉーーーーーーーー!!!
オロナミンCどぅえーーーーーすぅ……
あっ間違えました!!
あらなみしん(荒波真)どぅえーーーーーすっすっすすぅーー!!!!!!
はーいぃ〜まずは勢いが肝心だと思いましてねぇーはりっきってぶっ飛ばしてみましたけれども、いかがでしょうか??いやぁこの季節、こんだけぶっとばさんと正直やってられんですよ。ちょっと寒くなれば心が寂しくなりますしねぇ、、クリスマスが近づいていることを思い出せばため息もつきますし、、
ちょっと寂しがりやで、それをごまかそうとしてみた荒波でしたぁーー
さてさて今年最後の講演日誌ということでねぇーーーいやぁ早いね。早いよぉ。まぁなんと言いますか、、今公演を持ってね、めっちゃお世話になった3回生が引退されます。特に僕はエベレストさん、タクミさん、ギャラクシーさん、ガルシアさん、アオイさん、ミツルさんには感謝でいっぱいす。ありがとうございやした!!まだ終わってないけども笑。残すところ今公演も2週間切りましたが、出来るだけ先輩方のええ所を盗んで盗んで盗んで盗みまくって!来年の自分の糧にしようと思います。
あとあと、先日2020年度の劇団月光斜新座長・副座長も決まりまして、新体制が動き出そうとしている月光斜。来年はどんな月光斜になるのでしょうか。楽しみっすね。ほんとに!
今の1、2回のみんなが中心となって、今よりもっと月光斜盛り上げていきます!!ぜひ『落涙サーカス』も来年2020年の月光斜舞台にも大注目ですよ!! 
この講演日誌を観たそこの貴方!
そう貴方です!
ぜひ劇場でお待ちしております!!!
PR
こんにちは。照明チーフ兼web班をしております、2回生の結月燈です。今公演でもオペをやらせていただきます!
さて、冬公演ですね。私にとって2度目の冬公演になります。1年前は、まだまだ未熟で後輩を持つということに不安と恐れを抱いていたわけですが、気がつくと3度目のチーフ、最高学年も目前となってきました。驚きですね。時の流れの早さを感じます。
未熟なのは相変わらずですが、なんだかんだ可愛い後輩たちに恵まれましてそれなりには先輩をやれてるんじゃないかなと思っております。
ところで、冬公演ということは先輩方の引退になります。ずっと一緒に公演を作ってきた先輩方がいなくなる、というのはまだまだ想像できませんが、最後まで全力を出し尽くして、一緒に作っていきたいと思っています。1年前と比べてできることも格段に増えた今、更にできることを探しながら舞台を彩っていきたいです。
そんな今回の『落涙サーカス』とても幻想的な世界のなかの切ない物語となっております。キラキラと瞬くような美しさを表現できるよう頑張っておりますので、寒いなかではありますが是非足をお運びいただければ幸いです。
写真は可愛い後輩たちです。仲良し!
こんにちは!
舞台班3回生の高杉藍(たかすぎあおい)です!
今公演では役者として凪紗役も務めています
なんと3年目にして初ヒロインです
日々模索中
そんでもって、引退ですねー!!!
まさか私たちの代が引退するとは…
時は早いです
1回生で月光斜に入ったときに憧れた当時の3回生の先輩方のように少しでも近づけていたら嬉しいな
寂しいことだけじゃなくて、後輩たちがつくるこれからの月光斜も楽しみです!
最後に、図書館前で丸くなっている可愛い座長でお別れです
皆さんも風邪などひかれませんように、座長のようにバッチリ防寒してください
こんにちは!制作部一回生のヘオンです!『竜宮パラリラ』と同じく今回もスタッフ参加で全力をつくしています!
もう冬という名前が似合う季節になりました。手足がしびれるほど寒くなっておりますが、皆さん体調の管理はしておりますか。月光斜は毎回ミーティングにマスクをつけて活動を始まっています。12月だし、2019年があと一ヶ月しか残ってないから、もうちょっと頑張って体調不良のない月光斜を作りたいですね。
私の初公演は『竜宮パラリラ』だったので今の(比較的に)少ない人数の月光斜は何というか、新鮮ですね。しかもチーフも一回生でこの前より頼まれる仕事も多くなって新しい月光斜にあった気分です。最近3回生の先輩より同級生や、2回生に人々と作業をすることが多くなったのもその理由かもしれません。‘もう本当に世代が変わるんだな’と感じちゃいます。しかしただ感想に濡れるんじゃなくて、きちんと月光斜の一人分の仕事がでくるように頑張りたいと思います。世代が変わるというのは私が先輩がなるということですからね。
なんか書いてみたらもう公演のあとの手記のようになってしまいましたね。『落涙サーカス』は童話のような悲劇、美しい悲しさを伝えようとする、すごく素敵な作品になっております。私もまた公演のことを見たことはありませんが、きっとクリスマスにふさわしいいい公演になることを信じています。それのためにみんな頑張っているし、のこり二週間も頑張るつもりですので、皆さんもしお時間ございましたら部隊の前であったら幸いです。では皆さんのこり12月もきちんとマスクをつけて、健康にすごしましょう!
「叫びたい」
こんにちは!舞台班兼振付班1回生の碧樹ヨウです。
あっという間に冬公演という名の冬の公演がやってきて、今月が12月で来月はもう1月ということに全く実感が湧いてません。
今公演では初めての振付チーフになり、また3回目の振付担当となって、曲の中で振付を任される部分が広がったのですが、今までの先輩たちのアイディアに圧倒されていてすごいなぁと感じています。いろんなパターンの振付を思い浮かぶのですが、なかなか納得のいくものに持っていけず苦戦しています笑。
今公演はタイトルからも分かる通り、「落涙サーカス」なのでサーカス感がテーマとなった振付の部分を担当しているのですが、以外とサーカスの人たちって芸を披露するだけであんまり踊らないことに気づいたんですよね。そりゃそうだっていう方もいるかもしれないですが、私としてはそのことに気づいてからサーカス感のある振付ってなんだ!!!ってなってます。
そんな日々を送ってますがそれでもこういうチーフという経験をさせていただけていることをありがたく思う毎日です。
最近、経験って大事だなぁと思います。経験が全てにおいて勝るのでは、と思ったりしています。なので、1つ1つのことを乗り越えて自分なりに吸収していく公演にできればと思う今公演です。
仮仕込みが終わり、一応の構造が分かったので、舞台班では色作りを始めています。私、色作りは好きなんですけど、ペンキの扱いが下手すぎて服がペンキだらけになるんですよ。そういったものってアートチックとも呼べると思うのですが、私はペンキのほとんど付いてない服を着続けたいという気持ちです。
冬公演という名の冬の公演です。寒さに負けないよう私たちも頑張ります!
では、皆様のご来場をお待ちしております!
  
プロフィール
HN:
劇団月光斜
性別:
非公開
P R
Copyright ©  -- 劇団月光斜稽古場日誌 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]