忍者ブログ

   
初めまして、制作部2回生の真砂金之助です!
今回の夏公演、僕は初めて役者をさせてもらいました!初めての役者は右も左も分からないことだらけで、毎日周りから支えてもらいながら自分なりに一生懸命頑張っています!
.
6月16日からは通し週が始まりました。劇全体を最初から最後まで練習する形となっており、その都度
「このシーンの演技は考え直す必要があるな」と感じたり、
「次からはゆっくりやってみよう」と自分なりの反省点を見出し、本番へと順調に仕上げる追い上げの時期となっています。
.
初めての役者と言うのもあり、今の自分のままで良いのか?という自信は薄いものの、まずは自分なりにやれることを精一杯やろうと思いながら日々の練習に臨んでいます。毎日の練習の中に新たな発見がある今回の公演は、自分の中では本当に日々成長といった所であり、役者の機会を与えてくれた周りの方々、選んでくれた演出の九々沼さんにはとても深い感謝の気持ちでいっぱいです。
.
見に来てくださった方々、そして今回役者をやる上でお世話になった周りの方々への感謝の気持ちを大切にしながら本番まで‴日々成長‴していきたいと思います。真砂金之助の演じる金之助(芸名と役名が被ってしまいました) を是非ともよろしくお願いします …m(_ _)m
.
写真は役としての金之助を研究する上で通った1つの可能性、金之助(カラフルアフロver)になります
PR
こんにちは!そしてはじめまして!宣伝美術部新1回生の輝威仁といいます!
.
今日はカード立てをなんとか印刷までもっていき、誤字チェックも一通り済ませることが出来ました。先輩方も忙しい中、自身の時間を割いてまでサポートしてくださり、〆切に間に合わせることが出来そうですが、まだまだ油断せずにテキパキと動いていきたいですね!
.
今夏公演「少年ラヂオ」では、僕は一人二役ということで、それぞれの異なるキャラを分かりやすく伝えるために日々、試行錯誤を繰り返しております!
.
公演まであとわずか!キバっていくぜっ!!!
...ということで、誠心誠意頑張っていきます!
↓この写真は現在制作中のカード立ての途中経過です。(まだ制作中のため、モザイク加工させて頂いております。)
こんにちは!衣装小道具班2回生の黒崎ヒソカです。今回の公演で5回目の参加となります。早いですねー。自分が入団してから一年が経ったってことですね。なので最近一年前自分はどんなだったかなと考えています。
一年前の自分は何も分かっていなくて、先輩に分からないことを聞きまくる日々でした。分からないことが多すぎてこの先大丈夫なんだろうかとも思っていました。でも、作ろうとしていたものが目に見える形で出来上がっていくのを見たり、黙々と作業をしたり、衣装のプランについて話し合ったりすることにやりがいを感じて、作業が楽しく衣装小道具班に入ってよかったと思いました。
.
今年も衣装班に新しく1回生が入ってきてくれましたが、今回の公演で楽しかった、入ってよかったと思ってもらえるようにしたいですね。
.
.
さて、今回の公演『少年ラヂオ』は大正ロマンの世界観を表現した物語です。内容も面白く、ダンスや殺陣もあるのでとても見応えのあるものになっています。大正の世界観を表した役者の衣装、そして細部までこだわった小道具にも是非ご注目ください。
.
写真は私が最近仲良くさせてもらっている情報宣伝部2回生のあんばら樹さんです。本当にかわいい…
こんにちは!!
音響効果班・殺陣班2回生の東風東です!
.
私事ではございますが、今公演では殺陣があるということで、去年の夏から虎視眈々と殺陣をやる機会をうかがっていた僕は今回無事、殺陣班の仲間たちと一緒にガッツリ殺陣を作ることが出来てなんというか非常に嬉しい気分で毎日を過ごしているのです。
.
しかも今回の殺陣は初チャレンジとなる格闘アクション。刀とは違ったアクロバティックさもあるいつもとは一味違う殺陣になっています。ぜひお楽しみに!
.
.
さて、閑話休題。今公演では「一年ぶり」に音響オペレーターを担当します。
思えば去年の夏公演、右も左もわからないままでオペレーターをしていた僕が今や音効チーフで二度目のオペです。時間ってすごいですね。
.
久しぶりの音響オペレーター、そして初の殺陣師経験ということで非常にやる気十分の公演になっています。
.
.
本番まで残すところあと2週間弱。
乞うご期待!!!という感じです!
.
写真は何かに覚醒した演出です。
こんにちは!
照明班&殺陣班2回生の灼牡丹です!
前回公演は照明オペレーターとして参加させて頂きました。今公演では殺陣オペレーターとして参加させていただきます!
そうです、今回殺陣オペレーターと言うことで今公演は既に何人も仰っておりますが殺陣があるのです。僕自身初めて殺陣班に所属して身体の使い方をイチから学んでいる身ではありますが役者が舞台上で繰り広げる緊張感ある殺陣シーンは必見です!さらにそこにより緊迫感ある照明も考えております。
.
今回は舞台が大正時代と言うことで前回公演のファンタジー要素とは全く別の現代劇となっております。 ファンタジーと違って照明を考えるのは苦労していますが観ている方々が楽しめるようなプランを考えておりますのでこの公演日誌を読んだ方は是非とも照明にも注目していただきたいです。
.
写真は音効チーフが演出に何故かただただ謝っている写真です。上下関係が見て取れますね。トーキョーディズニーシー。私はランドよりシー派です。
  
プロフィール
HN:
劇団月光斜
性別:
非公開
P R
Copyright ©  -- 劇団月光斜稽古場日誌 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]